脂性肌に多いインナードライ

自分の肌質を把握しておくことは正しいスキンケアを実践するうえで必要なことですが、特に注意していただきたいのがインナードライ肌の方です。
インナードライ肌とは、自分では脂性肌だと思うほどテカテカに皮脂が分泌されているのに、実はお肌の奥はカラカラの砂漠のように水分がほとんどないほど乾燥している状態にある肌であることです。なので内側から皮膚ってできて角質層まで押し出されていくので、しっかり保湿ケアをしていかないと乾燥肌に将来的に繋がりやすくなります。まず乾燥しやすいところから乾燥していくので混合肌になることが多いです。

 

本当の肌質を把握できていないので間違ったスキンケアを続けた結果、余計に肌トラブルを引き起こしてしまうという悪循環に陥りやすいため注意が必要です。敏感肌だとかゆみが出やすい理由は間違ったスキンケアにも関係するので、特に脂性の方でも敏感肌になりやすいので注意してみてくださいね。バリア機能を低下させないケアをしていくのが、やはりスキンケアでもエイジングケアでも両方とも大切です。ハリ・弾力不足になってきている場合にはエイジングケアを行うと良いですが、やはり美容成分が多すぎても浸透しにくい場合には効果が薄くなります。

 

皮脂が多くてテカテカしてしまう人にも多いインナードライ肌

インナードライ肌の特徴としてあげられるのが、どんなに一生懸命洗顔をしても皮脂が多くてテカテカになってしまう、ポツポツとした毛穴が目立つ、皮脂が多いはずなのにカサツキ感が感じられる、洗顔後は肌のつっぱり感がひどいのですぐに保湿ケアをしなければならないなどの現象が見られます。

 

このように肌の不快感を感じてしまう原因として考えられるのは、肌の外側で目に見えるところは皮脂が多いのでしっかりと脂分を落とすためにケアしているものの、本当は肌の奥では水分量が不足しているため肌の乾燥を防ぐために皮脂が過剰に分泌されているためどんどん悪循環が広がってしまうからです。エイジングサインも出やすいので、エイジングケアおすすめ方法などにある化粧品などを使用していくと効果的です。

インナードライ肌には保湿をしっかりしていくことがエイジングケアに重要

つまりインナードライ肌を改善させるためには、しっかりと保湿を行なうことがスキンケアの基本でもあるとともにエイジングケアの基本にもなります。余分な皮脂だけでなく肌に必要な皮脂まで落としてしまわないスキンケアを実践することが大切です。そしてインナードライなので、肌の奥まで浸透しやすいようにナノ化したエイジングケア成分が配合されているとよいでしょう。最近ではナノ化したセラミドが配合されていることも多いのでうまく活用してみてください。

 

皮脂が多くて肌がベタベタした感じがすると一日に何度も顔を洗いたくなってしまう気持ちはよくわかります。
しかし、洗顔は回数が少なくても肌ダメージは起こりやすいので、これは乾燥を招きやすい行為となってしまいます。

 

洗浄力の穏やかな洗顔料よりも回数を減らすのが大切

洗浄力が穏やかな洗顔料を使っていたとしても何回も洗うことはNGなので、できるだけ我慢をしてください。
洗顔後はとにかく保湿を徹底し、肌の健康状態を改善させる努力をしてください。
肌の奥が乾燥した状態のままでは簡単に肌トラブルを招いてしまいますので、適切なケアを実施するようにしましょう。

浸透力の高い化粧品で保湿するのがインナードライ改善に良い?

インナードライ肌の方はスキンケア方法が難しいと言われていますが、基本的には保湿ケアを徹底させることが大切です。
洗顔後はすぐに化粧水をつけて乳液か保湿クリームで潤いを逃さないという基本となるスキンケアを実践するようにしてください。
特にインナードライ肌の方におすすめしたい化粧品成分をご紹介しますので、これらの成分が含まれている商品を選ぶようにしてください。

 

保湿成分として知られているヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド

お肌の潤いを維持するために欠かすことができない保湿成分として知られているのがヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドです。
元々私達のお肌に存在している成分で適度な水分を維持するためにはなくてはならない成分です。

 

何らかの原因によってこれらの保湿成分が失われてしまうことでインナードライ肌となってしまったと考えられます。
そこで効率良くこれらの成分を補給することが望ましいですが、問題となるのが肌への浸透力です。
肌の表面だけを潤わせても奥の方では乾燥した状態のままなので意味がありません。

エイジングケアに良い保湿成分は?

できるだけお肌の奥にまで浸透させることが期待できる保湿成分が配合されている商品を選ぶようにしましょう。
特にセラミドは肌への浸透力が高い成分と言われていますが、実はセラミドにも色々な種類があります。

 

動物や植物など天然素材由来のセラミドであれば肌への浸透性も高いとされているので、どんな原料から作られたセラミドなのかを確認するようにしてください。まずは肌の奥の乾きを解消してあげることが大切になります。

 

分子量の小さい保湿成分が配合されているのを選ぶ

ヒアルロン酸やコラーゲンについては肌への浸透性があまり良くないといわれていますが、できるだけ分子量の小さいものを選ぶようにしましょう。

 

その他に含まれている保湿成分の一例としてはグリセリン、アミノ酸や尿素などの天然保湿因子(NMF)、リピジュアなどがあります。
自分にとってどんな保湿成分が合っているのかを見極めることが大切ですが、インナードライ肌の場合は特に肌の奥が乾燥している状態であるためとにかく保湿力が高いものを優先的に選ぶようにして肌トラブルが起こるのを避けてください。エイジングケアにはコラーゲンなど角質層を満たす成分も大切ですが、やはり浸透性が悪いと効果が出にくいので良質なエイジングケア成分でも浸透性が高いのを選んでみるとよいでしょう。

更新履歴